薔薇や花々のある暮らし
PROFILE
name : ジル
名前はジルです。
本名ではありませんが、オンライン上ではこの名前が長いので妙な愛着があったりもします。
ちなみにオンラインゲームの大航海時代ではトリッシュという名前を使用しているので、そちらの方に覚えのある方はそちらでも問題なしです。

学生時代は海外に住んでおりましたが、帰国をしてから少しだけ就職をし、現在は結婚をして専業主婦をしております。子供は大の苦手なのでいませんけれども(´ー`)
2007年に北区の田端からすぐ隣の区へと引越しをしてきました。
新居の方は、主人と愛犬(シェルティ:雄)との三人(?)暮らし。分譲マンションですが、趣味範囲くらいならば園芸も楽しめております。

というわけで、勿論ですが趣味は園芸。というより、もっとダイレクトに花いじり。(笑
ハーブや花々(春の花が多いです)、観葉植物に盆栽もやっております。
最近の主人の口癖は、「奥さんちょっとまたお花買ってきたのー?もぅー!」になってしまいました。そんななか、来週もう二つほどお花が届きます。ごめんなさい。(笑
他にはショッピング。特にホームデポとお花屋さんに立ち寄るのが大好き。
あとはB型のせいなのか、何だかよくわけの分からない物を大事なもの!と決めつけて買うのが大好き。そういうものは大抵店頭を見ていて突然思い立つことが多いです。
主人が隣にいると、やっぱり「はいはい、もうダメどれも必要ありません行きますよ」が口癖。おかげで買う意欲が失われるので、いつもお世話になっております。無駄遣い未遂万歳。(笑

(2009年02月16日現在)



*********************************************



数年前に引っ越しをしてきた際に、以前まで住んでいたマンションのすぐ近くにあったコンビニエンスストアで、小さな小さな買い物をした思い出があります。
片手に収まるくらいの大きさのバジルの栽培キット。
丁度三月下旬だったからでしょうか。沢山のハーブの種がレジの近くに置いてあったのです。
イタリア料理は大好きですし、バジルが自宅で採れたら便利かもしれない。ただそれだけの動機で隣にいた主人に新しいマンションで育ててもいいかと尋ねたら、どうぞどうぞという返事でした。

種から育てるだなんていうのは、当時生まれて初めての経験で、運が良ければ芽が出るかもしれないという淡い期待程度しか持ち合わせておりませんでした。
水をやるにもドキドキと緊張。種が流れたらどうしようだとか、出てきた芽に水をかけてその勢いで駄目にしちゃったらどうしようだとか。あれよこれよと慌てふためき、小さな種相手に悪戦苦闘の日々が続きました。

そんなバジル栽培も、もうすぐで二年が経ちます。つまり引越しをしてからもうすぐで二年。我が家に次郎(愛犬)がやってきて、もうすぐで二年ということでもあると。
う〜ん、あっという間に時間は経過するものなのですね。
ちなみに、バジルは今でも元気に育っております。昨年の秋にいくつか挿し芽してみましたが、どれも大成功。それらは実母と義母のもとへといきました。


ハーブから始まった私の園芸生活は、いまや春の花々がベランダを占領しておりますが、地道にマイペースに、ときには失敗をしながらも続いております。
そんな手持ちの植物たちの中でも一番種類が多いのがバラです。
小さなミニバラはお店で仕入れて育てているもの。
中輪のバラは、主に切り花屋さんにて購入したものを切って挿し木に挑戦しているもの。
なかには一つだけ、ちゃんとした園芸店で購入したツルバラのCL新雪があります。
が、最近になって元気がないのが気になっていたものの、なんとうどんこ病になっているようでした。さらにいつのまにかアブラ虫がびっちりと!!
つい最近見た時は気がつかなかったのに・・・><
早速駆除スプレーを散布しましたが、バラを育て始めて初めての大打撃。まさにいばらの道になりそうな予感。


そんな凛と佇むバラのすぐ隣で何とも頼りなげに伸びてきたのは、もうすぐで花が開きそうなポルト・パールのアネモネ。こちらの開花が、今なによりも楽しみです。
だってもうすぐ春だもの。






皆様は、どんな花生活をされていますか?